透明封筒・フィルム封筒の専門店パックジャパン

このエントリーをはてなブックマークに追加
ホームDM透明封筒として

■DM用透明封筒の選び方

透明封筒の特徴~紙封筒との違い~

■透明で中身が見えるから
開封率アップ!
■紙封筒と違って雨や汚れ
に強い!
■紙封筒より安い!

透明封筒選択のコツ

封入物に合ったサイズの袋をお選びになることは最も重要ですが、見落としがちなのが袋の
"厚み"です。弊社ではこの厚みのことを"#"という単位で表現します。
例えば#30(業界で最もポピュラーな厚みです)は厚さ 30 ミクロンです。
この厚みが大きくなればなる程(#30→#40→#50)、強度が上がり、手触りもしっかりとして高級感が増してきます。
しかし、厚みが大きくなればなる程に、コストも上がってしまいますのでご注意ください。

数字が大きくなると厚みが増えます。例:#30=30ミクロン 売れ筋NO.1!標準#30 高級感を出すなら厚口#40 最高級の特厚#50

厚みを測るマイクロゲージ #50(50ミクロン)を意味します。

ただし、OPP袋は透明度が高く、パリッとしている分、引き裂きには弱いのでご注意ください

透明度が高くハリがあります OPPは再度部分の引き裂きには弱いです。

カタログやパンフレットなど分厚い封入物をご検討のお客様には破れにくいCPP袋がお勧め
です。

ひっぱり強度に優れたCPP素材
DM用透明封筒一覧はこちら

★片面白の透明封筒にオフセット印刷ができます!

名前の通り表面が白色で裏面が透明のOPP袋です。片面に白色の特殊印刷(マットインキ加工)を施していますので、鉛筆やマジックで記入したり、ハンコを押したりすることが出来るのが特徴です。

普通の透明DM封筒と同様に宛名ラベルシールを貼ってDM発送されているお客様も大勢おられます。
片面白の透明封筒は、環境保護を考えプラマークも印刷してありますので受取人様からも好感度UP!厚み#50(ミクロン)ですので、厚みが必要とされる印刷には最適です!

窓口より5%お得!オフセット印刷への自動お見積りはこちら