透明封筒・フィルム封筒の専門店パックジャパン

このエントリーをはてなブックマークに追加

透明封筒とは

透明封筒とは、材質がOPP、CPPあるいはPEのフィルムの封筒を意味します。
ダイレクトメール(DM)や、パンフレットの保護用に使用され、テープ付、テープなしがあります。

透明封筒 テープ付き 透明封筒 テープなし

一般的にはフィルム封筒、ビニール封筒、透明袋などと呼ばれますが、正しい材質で分類していきますと、OPP、CPP、PEにほぼ分かれます。
(その他稀に、特殊な共押フィルム等もあります)

OPPとは、Oriented PolyPropyleneの略で、二軸延伸ポリプロピレンを意味します。
CPPとは、Cast Polypropyleneの略で、無延伸ポリプロピレンを意味します。
PEとはPolyEthyleneporiの略で、ポリエチレンは日本語化していますね。
このOPP、CPP、PEを袋状に加工したものをそれぞれOPP袋、CPP袋、PE袋といい、
これらの総称として、一般に透明封筒と呼ばれています。

透明度の高いOPP袋 少し透明度の低いCPP袋

■最近、なぜ透明封筒が増えていているのか?

その理由としては、
  • ・紙の封筒よりも安価であること
  • ・中身が見えるので、紙の封筒よりも開封率がアップすること
  • ・サイズが豊富で、かつ1ミリ単位でのオーダーメイドの透明封筒の作成が可能なこと
  • ・プラゴミとしてリサイクル可能であること
等が挙げられます。
透明封筒(OPP袋) 陳列用の袋にも加工可能(OPP袋)

また、CPP(一般にCPP袋と呼ばれています)の透明封筒も人気があります。
・破れにくい
という商品特性を活かし、重いDMや、重量物の入ったカタログのダイレクトメール
等にご利用されています。

破れにくいCPP袋

なお、PEのポリエチレン製の封筒は、自動包装機等により利用される事が多いですが、
OPPやCPPに比べると、流通比率は低くなっております。

以上、透明封筒についての解説でした。

透明封筒のパックジャパン

【著作権に関する表示】

本著作権はパックジャパンにあり無断盗用の場合、掲載した会社、制作したWEB制作会社ともに、
法的措置の対象となりますので、ご注意ください。
顧問弁護士(赤井・岡田法律事務所)